マル得温泉旅行

~知床からトカラ・台湾まで~

【野生の湯】鹿児島 口永良部島 寝待 [Go! Go! South Islands.]

スポンサード リンク

【野生の湯】 ■鹿児島 口永良部島 寝待 →[Go! Go! South Islands.]
▼夜の寝待。源泉パイプが抜かれている点に注目。
温泉画像

▼朝の寝待。湯を入れ替えたばかりだったみたいで透き通ってた。
温泉画像

▼寝待に至る小道。この両側に平屋の湯治棟が立ち並ぶ。今はなき日本の風景。
温泉画像


【コメント】 -2001.04.27- 源泉48℃超,pH3-4酸性,やや酸っぱ苦い,青白濁,透明度30cm, 弱い硫黄臭。ちなみに翌朝は硫黄臭が強く濁りが少なかった。 いくつかの湯治棟の間を抜けて湯小屋へと向かうアプローチが、まず素晴らしい。 浴槽は上下2つ。45℃と43℃と熱め。 湯が熱く強く疲労困ぱいするが満足度は高い。
スポンサード リンク


 当Webサイトに係る一切の知的財産権は"Jun Yamane"に属します。引用自由リンクフリー連絡無用です。言及されている全ての商標製品名等は各所有者に帰属します。

Copyright©1999-2017 MA Bank, Jun Yamane All Rights Reserved.

※以前運営していた「野生の旅」は2004年に更新停止。2015年4月18日より、サイト名を「マル得温泉旅行」に変更して運営再開。