マル得温泉旅行

~知床からトカラ・台湾まで~

【野生の湯】野湯巡り|立山黒部の湯 [2004.09.22-]

スポンサード リンク

【野生の湯】■野湯巡り
■立山黒部の湯[2004.09.22-]
9月21日(火)23時に東京を出発し、夜行バスで立山に向かいました。立山に到着後、ひたすら歩いて黒部を目指しました。

■2004.09.22(水)
×立山新湯 弥陀ヶ原の松尾峠から廃道の踏み跡を辿って、立山カルデラに下降しようとしたが、 沢筋を間違えてしまって大きな滝に遭遇してしまい辿り着けなかった。 ▽富山 立山地獄谷 見学のみ 温泉画像 壮絶な地獄模様が素敵でした。 ◎富山 みくりが池温泉 温泉画像 硫黄臭ただよう濃厚な硫黄泉。湯量多し。傷口にしみる。 沢登りで疲れた体には最高の贅沢。日本最高所の温泉? 写真は夕食の様子。 [コースタイム] 弥陀ヶ原0650-0720松尾峠-0916大きな滝0923-1254松尾峠-1320弥陀ヶ原-1418立山玉殿の湧水-1540立山地獄谷-みくりが池温泉(泊)
■2004.09.23(木)
◎富山 仙人温泉 温泉画像 2回もコースを間違えながら剱沢雪渓を超えて辿り着いた温泉小屋。 白馬槍ヶ岳方面を望む露天の素晴らしさ。暗くなってもよい雰囲気。 [コースタイム] みくりが池温泉0530-0654真砂岳-0717別山-0736剱御前小屋-0808剱沢小屋-0952真砂沢ロッジ-1049二股-1215仙人峠-1310仙人池-1453仙人温泉(泊)
■2004.09.24(金)
◎富山 阿曽原温泉 温泉画像 阿曽原温泉小屋から少し離れたところにある露天風呂。 河原を少し探索するが湧出個所を見つけられず。 ×餓鬼谷の湯 水平歩道から黒部川左岸に降り立ち、黒部川を渡渉することはできたが、 餓鬼谷出合の滝を超えることができず辿り着けなかった。 黒部川の右岸から左岸へ渡渉する際に流されたことにより、 メガネを失くし、右足親指の爪がベロリと剥がれるなどボロボロになる。 ◎富山 祖母谷温泉 温泉画像 ボロ雑巾のように疲れ切った体にとっては至福の湯。 生きていてよかった! [コースタイム] 仙人温泉0545-0744阿曽原温泉0818-0905水平歩道(「餓鬼谷出合」看板)-1043黒部川左岸-1108餓鬼谷出合の滝-1209黒部川左岸-1310水平歩道(「餓鬼谷出合」看板)-1651欅平-1735祖母谷温泉(泊)
【特選の旅】  →■立山黒部を歩く1(2004.09.22)  →■立山黒部を歩く2(2004.09.23)  →■立山黒部を歩く3(2004.09.24)
スポンサード リンク


 当Webサイトに係る一切の知的財産権は"Jun Yamane"に属します。引用自由リンクフリー連絡無用です。言及されている全ての商標製品名等は各所有者に帰属します。

Copyright©1999-2018 MA Bank, Jun Yamane All Rights Reserved.

※以前運営していた「野生の旅」は2004年に更新停止。2015年4月18日より、サイト名を「マル得温泉旅行」に変更して運営再開。