マル得温泉旅行

~知床からトカラ・台湾まで~

【野生の旅】口永良部島

スポンサード リンク

【野生の旅】 ■口永良部島
◇概略

【住所】鹿児島県鹿児島郡上屋久町
【交通】JR+船
【旅程】2001.04.27-2001.04.28

◇船

 片道二等自転車\2,370 (上屋久町 09974-2-0100)
|二等 \2,050|自転車 \2,370|原付自転車 \2,690|車(4m未満) \6,360|
 【偶数日】宮之浦港(屋久島)08:10-09:50口永良部港
 【奇数日】宮之浦港(屋久島)13:00-14:40口永良部港
 【偶数日】口永良部港10:30-12:10宮之浦港(屋久島)
 【奇数日】口永良部港13:00-14:40宮之浦港(屋久島)
「フェリー太陽 運航表」

◇宿

※ゴメンナサイm(_ _)m <なぜか謝る

◇島内交通手段

※屋久島からレンタサイクルを持ち込む

◇温泉

×向江港野湯
作業員にも質問するが「今は湧いてない」とのお言葉(;_;)
なお干潮時だったが浜辺では湧出してなかった。#探し方が甘かったかな...

立神海中温泉 干潮前後 [2001.04.27]
源泉51℃,pH5前後弱酸性,玉子味,無色透明。
最初は海水と混じる所で撹拌入湯だったので満足度低かった。
「そろそろ上がろうか」と服を着た後、再度味を確認しようと
源泉湧出地点に手をつけたら、なんと温度が下がってる。(キャー!)
#干潮時から潮が満ち始めたため
当然ながらもう一度裸になり再突入。44℃と熱め適温を堪能。
みるみるうちに39℃まで下がり、自然の営みの絶妙さに感動。
気泡がブクブクする中、超快適な寝湯を満喫する。
少し離れた所にコンクリ露天があったが湯は抜かれてた(;_;)

寝待温泉 200 24h [2001.04.27]
源泉48℃超,pH3-4酸性,やや酸っぱ苦い,青白濁,透明度30cm,
弱い硫黄臭。ちなみに翌朝は硫黄臭が強く濁りが少なかった。
いくつかの湯治棟の間を抜けて湯小屋へと向かうアプローチが、まず素晴らしい。
浴槽は上下2つ。45℃と43℃と熱め。湯が熱く強く疲労困ぱいするが満足度は高い。
なお国指定保養所になるかもしれないので、湯治棟&湯小屋は
近い将来に近代的なものになる可能性あり。
#既に1000万円かけた立派なトイレができてた

◎湯向(ゆもぎ)温泉 200 24h [2001.04.27]
46℃,pH5前後弱酸性,玉子味,無色,巨大フワフワ白湯花。
新しめの湯小屋。熱いがサッパリ気持ちよい。

西ノ湯 200 24h [2001.04.27]
45℃→43℃,鉄臭,やや塩味。ロウソクを灯しながらの入湯。
乳くらいまで湯が溜まり満足するが、満潮前後じゃないと湯
が溜まらないと言う原理については理解不能(^^;

◇リンク【特選の旅】Go! Go! South Islands.
【野生の旅】Go! Go! South Islands.
スポンサード リンク


 当Webサイトに係る一切の知的財産権は"Jun Yamane"に属します。引用自由リンクフリー連絡無用です。言及されている全ての商標製品名等は各所有者に帰属します。

Copyright©1999-2018 MA Bank, Jun Yamane All Rights Reserved.

※以前運営していた「野生の旅」は2004年に更新停止。2015年4月18日より、サイト名を「マル得温泉旅行」に変更して運営再開。