マル得温泉旅行

~知床からトカラ・台湾まで~

【野生の旅】トカラ列島|悪石島

スポンサード リンク

【野生の旅】 ■トカラ列島

口之島中之島|平島|諏訪之瀬島|悪石島小宝島|宝島|

◇概略

【住所】鹿児島県鹿児島郡十島村
【交通】JR+船
【旅程】2001.04.30-2001.05.06
【役場】鹿児島市泉町14番15号 TEL0992-22-2101/FAX23-6720


■悪石島 ◇概略 面積7キロ・周囲9キロ平方の島。 島の北西部に御岳があり、その山頂に隣接して旧火口の凹地 ◇船 片道2等\6,820 (十島丸099-219-1191)  ・鹿児島港23:50-翌10:45悪石島港 ◇宿 ※なかむら荘 09912-3-2120 #三食\6,500 ◇島内交通手段 ※宿で車を借りたが...(^^; ◇温泉 湯泊温泉 内湯&露天 200 11-22前後[2001.05.01] 鉄筋造り共同浴場。集落との標高差が150m。 源泉51℃,pH7前後中性。それ以外の記述も記憶もない(^^; ポンプ動力なのでタイマーで源泉湧出が管理されてる。 露天は2箇所(春〜秋のみ)で、内湯は立派なセンター内にあり。 特に港を見下ろす露天は絶景の一言。 真っ昼間から焼酎を飲みながらの入湯は最高だった。 砂蒸し 24h[2001.05.01] 硫黄山直下に砂蒸し施設あり。濃厚な硫黄臭が漂う。 クワで砂地を掘り起こし寝床を作る。 5cmも掘れば50℃程度の砂が地表に姿を見せるので、 その上に毛布を敷きゴロリと横になる。これが気持ち良い。 また砂蒸し玉子にもチャレンジ。深さ20cm地点に埋め待つこと15分。 80℃の地熱は見事なゆで卵を作り上げていた。 この直後、湯泊露天に移動。ゆで卵をツマミに焼酎を飲む。 湯泊海中温泉 干満前後(波が高いと入湯不可)[2001.05.01] 時間と共に入湯ポイントが移動していくのが面白い。 干潮3h前から入湯。素晴らしい! 岩場に白いペンキで巨大な温泉マークが書かれていた(^^; ◇その他 ・温泉仲間3人と共に行動しました。 ・一日中、焼酎を飲んでいたような気がします(^^; ・御岳頂上付近には電波施設?があって探索できず。 ・港から集落までの道が工事中だったので、車で山道を大回りしました。 ・なかむら荘の女将はとてもとても面白い方です(^^; ・出張所の某氏には大変お世話になりました(^^; ・宿近隣の修理工の方にも大変お世話になりました(^^;; ・この季節(GW)はタケノコが美味しいです(大満足) ・トカラヤギ3匹と遭遇しました。
スポンサード リンク


 当Webサイトに係る一切の知的財産権は"Jun Yamane"に属します。引用自由リンクフリー連絡無用です。言及されている全ての商標製品名等は各所有者に帰属します。

Copyright©1999-2018 MA Bank, Jun Yamane All Rights Reserved.

※以前運営していた「野生の旅」は2004年に更新停止。2015年4月18日より、サイト名を「マル得温泉旅行」に変更して運営再開。